不倫愛 | 不倫の悩み解消法

不倫愛(ふりんあい)は既婚男性との禁断の恋の悩みや不安を今すぐ解消できる情報サイトです。不倫相手の男性心理や役立つテクニック、ハウツーを無料公開中。

嫌われてると思ったら好かれてた⁉男性の好き避けサインと本当に嫌われている時の態度を知って彼の好意を見抜こう

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を「タロットカード」をもとに不倫の母がお伝えいたしますね。

職場などである特定の男性に冷たくされたり、そっけなくされたり、またはちょっかいを出されたりして「私、嫌われてる!?」などと思っていませんか?

実は、それらの態度には好意が隠されている可能性があります。

こちらでは、好き避けする男性の「好意のサイン」と、勘違いしやすい「本当に嫌われているサイン」をご紹介します。

シャイな男性のとる態度は、好きか嫌いか判断するのが難しいです。

冷たい態度の裏側に隠れている好意のサインを見極めてみてくださいね!

嫌われていると思ったら好かれてた!彼からの好意のサイン

素っ気ない態度だけど、向こうから話しかけてくることがある

紛らわしいけど、実は好意のサインとして「素っ気ない」ことはよくあることです。

でも、実際に素っ気ない態度を取られたらショックですし、「多分私のこと嫌いなんだろうなぁ…」と思ってしまっても無理はありません。

彼の素っ気ない態度が、好意なのか、それともガチで嫌いなのかを判断するためには、「向こうから話しかけてくるかどうか」で見極めましょう。

同じ職場だったりすると、仕事のことでどうしても話しかけなければならない場合もありますが、それ以外のことで、別にアナタに話さなくても良いような内容を話しかけてくることがあるのであれば、彼の素っ気ない態度は「恥ずかしいから」「照れくさいから」などという「好き避け」である可能性が高いです。

本気で嫌いな人には、誰だって極力話しかけようとしません。

向こうから話しかけてくるのなら、ほぼ「好き避け」の確信を持って良いでしょう。

口数は少ないが、話しかけても避けたりしない

彼からの好意のサインとして、「口数が少ない」ことも挙げられます。

シャイボーイの場合、アナタと話すことが恥ずかしくて、上手く会話ができないのでしょう。

ただ、この態度も好きなのか、嫌いなのか、ぱっと見では判断がしにくいもの。

気になる彼のことを、より確実に見極めたいと思ったら、アナタの方から勇気を出して話しかけてみることです。

アナタのことが好きだったら、話しかけた時に口籠もったり、会話が途切れたりするようなことはあっても、避けるようなことは絶対にしません。

ちゃんと向き合って、話そうとしてくれていることが分かるようなら、彼の口数の少ない仕草は、「好き」の裏返しであると、考えられるでしょう。

用件だけの会話

「彼と話すことはあっても、用件がある時ばかり…。」「用件がある時くらいしか話さないから、これはきっと好きではないよね…?」と思っているアナタ。

でも、そう決めつけるのはまだ早いかもしれません。

たとえ話すことが用件ばかりだったとしても、彼の心の裏には好意が隠されている可能性があるのです。

なぜなら、嫌いな相手に対しては用件ですら話したくないもの。

たとえ同じ職場で、スムーズに仕事を進めるためにコミュニケーションを取らなければならない相手だったとしても、本気で嫌なら、用件ですら言葉を交わさなくたって、案外仕事は進めることができてしまうからです。

ですから、用件しか話さないとしても、彼はもしかしたら、アナタと話す何かしらのきっかけをいつも探している可能性があるでしょう。

本当はアナタと色々話をしたいけれど、話題がない。

だからこそ用事でもなんでも、アナタと話すきっかけを探して、話をしようとしているのかもしれません。

何かといちいち絡んでくる

好意の裏返しとして、男性がよくすることは「好きな子をいじめる」ことです。

もしかしたら小学生の頃などに、アナタも経験があるかもしれません。

男性は、基本的にプライドが高くて、不器用。自分の本心や弱いところを見られたくないと思っているので、好きな人に対しても、本心とは正反対な態度をとってしまうことが多いのです。

また、男性は女性より精神年齢が低いと言われています。

何かといちいちちょっかいを出してくるのは、少年の気持ちとまるで同じ。

アナタのことが好きで気になって、なんとかして仲良くなりたいけど、距離を縮める方法がわからない。

でも、なんとかして自分の存在をアピールしたくて、ちょっかいを出したり、何かといちいち絡んでくるのです。

急に会話に入ってくることがある

分かりにくい好意のサインとして、「急に会話に入ってくることがある」ことも挙げられるでしょう。

例えば、職場などでアナタと誰かが、仕事の会話や何気ない雑談をしていたとします。

するとその会話に、彼も加わってくる。

しかも、そういうことが1度きりでなく、何回もある場合、彼はアナタのことが実は好きでしょう。

好意を持っていることを、素直に態度や言葉に出せない男性は、不器用な人が多いです。

好きな人ができても、どうやって近づいたら良いのか、どうやって仲良くなったらいいのかがわからず、さりげなくアナタのしている会話に入って、距離を縮めようとしてくるのでしょう。

また、好きな人のことは「なんでも知りたい」って、思いますよね。

アナタのしている会話をこっそり聞いていて、情報を集めているのでしょう。

急に会話に割り込まれたら、場合によっては「迷惑…」「空気読んでよ…」と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、彼はただアナタと、仲良くなりたいだけなのです。

メールが来る

個人的なメール、電話、もしくはラインがくることがあったら、どんなに態度が冷たくてもそっけなくても、脈アリの可能性は高いです!

なぜなら嫌いな相手に、会っていない時間まで関わりたいだなんて誰も思わないから。

例えば仕事などで、大至急連絡を取らなければ絶体絶命だ!などという状況だったら話は別かもしれませんが、普通に過ごしている中で、そのような状況になることなど滅多にありません。

社会人になると、多くの人は働く時間が長すぎて、プライベートの自分の時間は、とても限られた貴重なものになります。

そんな自分の大切な時間を削って、好きでもない人に連絡を取ろうだなんてまず思わないでしょう。

また、メールや電話、lineでは普通なのに、面と向かって会うとそっけなくされてしまうことがあったら、それは確実に「好き避け」のサインです。

顔を合わせると、恥ずかしくなって、どう接したら良いのかわからなくなってしまう男性は、案外多いのです。

視線は感じるけど、目が合うと逸らす。顔を見てくれない

もしアナタが、特定の男性から視線を感じるのだとしたら、それは自意識過剰などではありません。

きっと彼は、アナタのことを見ています。

みんなそうだと思いますが、好きな人が同じ空間にいたら、無意識のうちに自然と目で追ってしまうもの。

それはもう、自然の摂理みたいなもので、自分でコントロールすることは不可能なのです。

よく目が合うのは、それだけ見つめられるしるしであると言えるでしょう。

「でも、目が合ってもすぐに逸らされるし…」「話すときは顔を見てくれないし…」というアナタは、彼の好意を信じきれないかもしれません。

しかし、一つだけ覚えておいて欲しいことは、「目が会った時、不自然に逸らされた方が脈アリ」ということ。

特にシャイボーイは、自分の好意を相手に「バレたくない」と思っています。

アナタと目が合い、見つめていたことに気づかれてしまっても、フォローの仕方も分からなければ、アプローチをする勇気もない。

どうしたら良いか分からず、目をそらすことしかできないのでしょう。

また、不自然なくらい顔を見てくれない場合にも、それは愛情の裏返しだと考えられます。

別に意識していなければ、普通に顔、見れるはずですから。

食事や飲み会の誘いを断らない

好意があるのか、嫌いなのか分からない男性の態度を見極める方法として「誘いに断るかどうか」でジャッジすることができます。

もしアナタにほんのわずかでも「きっと彼は私のことが好きだろう」と思う自信があるとするのなら、彼のことを食事や飲み会に誘ってみましょう。

彼がアナタのことを本当に好きなのであれば、絶対に断ってくることはないはずです。

例えばもし、誘った日にたまたま予定があったとしても、「その日は無理だけど、〇〇日だったら大丈夫だよ」などと必ず、代替案を出してくるでしょう。

「好きだったら、男の方から誘ってくるはず!」と思っている女性も少なくないかもしれません。

しかし、男女平等の社会になってきている今、女性は肉食化し、男性は草食化してきているのです。

一昔前の「デートは男性から誘うもの」「プロポーズは男性がするもの」という常識はなくなりました。

シャイな男性は、女性の方から誘われるのを待っているのです。

困っていると助けてくれる

態度で好意が分かりづらい男性の気持ちを知りたかったら、「困っている時に助けてくれるか」どうかを判断材料の一つにしましょう。

どんなに草食系でも、シャイボーイでも、男であることに代わりはありません!好きな女性が困っていたら、なんとしてでも助けてあげるはずでしょう。

また、男性は、好きな人から「カッコイイところを見せたい」「頼りになると思われたい」という気持ちを持っています。

ですから、好きな人が困っている場面は、彼からしてみたら「絶好のチャンス」なのです。

彼の気持ちが知りたかったら、自ら「困りごと」を作って、彼を頼ってみるのも効果的です。「困りごと」の内容はできるだけ簡単なものにすること。

(ガチで大変なことを頼ると、彼の面目が潰れたり、逆に離れていかれてしまう危険性があります。)

極端な話、「ペットボトルのキャップが開けられないの」などというくらいの、簡単なことを頼りましょう。

好きな女性から「頼られている」という状況が彼にとってはもう嬉しいことですから、きっと喜んで、助けてくれるはずです。

ほかの女性と仲良くしたり、それを見せつけてくる

シャイでポーカーフェイスの男性の好意のサインとして、「他の男性と仲良くする」ことも挙げられます。

この心理としては、ズバリ「アナタにヤキモチを妬かせたい」でしょう。

アナタの前で見せつけるように、別の女と楽しそうに会話をしたり、仲良くしている場合には可能性が高いです。

よく観察し、本当にその女と仲良しなのか、当てつけなのか、アナタの目で判断しましょう。

ポイントとしては、アナタの方をチラチラ見てきたり、他の女性と仲良くした後でアナタにも話しかけてくる場合には、アナタにヤキモチを妬かせたいと思っている可能性が高いです。

他の女性と仲良くして、アナタに嫌われてしまっては元も子もないのですから、必ずアナタにフォローを入れてくるはずなのです。

アナタの前以外でも別の女と仲良くしていたり、アナタになんのフォローもない場合には、残念ながら脈無しでしょう。

好き避けじゃない!勘違いしたら危ない嫌われているサインとは?

ほかの人と態度が違う、明らかに冷たい態度

勘違いしたら危ない、嫌われているサインの一つとして、「周りの人とは態度が違う、明らかに冷たい態度」が挙げられます。

人から嫌われている時って、どんなに鈍感な人でも、直感的に違和感を感じるもの。

もしアナタにそんな違和感があるのだとしたら、嫌われていること前提として、彼の態度を見ていきましょう。

「好き避け」の場合、たとえ他の人とは違う、冷たい態度だったとしても、「思いやり」の気持ちは必ずどこかしら感じられるもの。

不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。

▼メール占いはコチラ▼
>> 神言鑑定 <<

▼電話占いはコチラ▼
>> 電話占いシエロ <<

アナタを傷つける言葉は絶対に使わないでしょうし、困っているときには助けるでしょうし、冷たい態度をとってしまったことを後からフォローするでしょう。

でも、本当に嫌いな場合には、まず「思いやり」の気持ちは感じらません。

冷たい態度をとっても取りっぱなしなのはもちろん、アナタを傷つけるような冷たい言葉を容赦なく放つのも特徴です。

「好き避け」と「嫌い」では、明らかな違いを感じられるはずですから、アナタの直感を大切にしながら、判断していきましょう。

物理的な距離がある

誰だってそうだと思いますが、嫌いな人とは自然と物理的な距離を取ってしまうものです。

アナタが「近づきたい」と思っていたとしても、彼の姿を見つけられなかったり、話しかけても「スーッ」とすぐアナタのそばからいなくなってしまったり、物理的に距離を縮めることができない場合には、彼がアナタと距離を取りたがっている可能性があります。

どんなにシャイで、自分の気持ちを素直にアピールすることが苦手な彼でも、例えば、好きな人の視界に入る位置にいたり、近くで仕事をしたりなど、物理的に近づくことはできます。

彼との距離が、いつも物理的に遠いと感じる場合には、彼はアナタに近づこうとしていないしるしです。

残念ながら、好き避けとは判断できないでしょう。

誘っても断られたり、あいまいな回答をされる

勘違いしたら危ない、嫌われているサインの一つに「誘っても断られる」ことも挙げられるでしょう。

なぜなら本当に好きだったら、まずアナタからの誘いを断りません。

それに、たとえ誘った当日に別の予定があったとしても、必ず代替案を出すでしょう。

どんなにシャイだったとしても、恥ずかしくて好きな人からの誘いを断るほど、シャイな男性などこの世に存在しませんから。

断られてしまったのなら、残念ながら脈はないと言えます。

アナタが「今度ご飯行こうよ!」などと誘った時に、「いいね〜、また行こうよ」などと言うものの一向に具体的な日時を決めようとしない場合や、「みんなで行こう」と二人きりでいくことをやんわり拒否る場合、「またこっちから連絡するね!」と言ったのに全然連絡が来ない場合なども、全て脈なしサインです。

どんなにシャイボーイでも、男は皆、単純で、分かりやすい生き物ということに変わりありません。

深読みしすぎにも、注意しましょう。

lineやメールを無視される。返事が来ない

勘違いしたら危ない、嫌われているサインでわかりやすいのは、「lineやメールを無視される」「返信が来ない」ことです。

会っていない時のコミュニケーションには、その人の好意が顕著に表れます。

誰だって好きな人には、会っていない時間も繋がっていたいと思うし、メッセージが届いたら何よりも優先的に返信したいと思うものでしょう。

逆に別になんとも思っていない相手、嫌いな相手に対しては、返信も後回しになったり忘れたりするはずです。

アナタが送ったメッセージに対してなんの反応もない場合は、残念ながら彼はアナタに好意を持っていないでしょう。

しかし、これは返信が全くない場合に限ります。

たとえ返信が遅く時間がかかったとしても、必ず返信がある場合や、内容が疑問文だったり、会話を盛り上げようとしてくれていることがわかる場合には、脈アリの可能性があるでしょう。

目を合わせようとしない

「目は口ほどにものをいう」ということわざがあるように、目には人の気持ちがはっきりと表れます。

どんなに隠そうとしても、自然と滲み出てしまうものです。

前項の脈アリサインの中に、「目を逸らされる」「顔を見てくれない」ということを挙げました。

「目を合わせようとしない」態度と非常に似ていて、区別をつけるのが難しいかもしれませんが、脈アリか、ナシかを判断するためには、彼の様子をよくよく観察し、「目を合わせようとしない」ことに加えて「プラスα」の態度で判断しましょう。

話している時に目を合わせようとしないのは、もしかしたら照れていて目を合わせられない可能性があります。

目を合わせないことに加え、挙動不審な動きをしていたり、テンパっている様子が見られる場合には脈アリの可能性が高いです。

逆に非常に冷静な態度で、目を合わせようとしないどころかこちらに体すら向けない場合には、残念ながら脈ナシの可能性が高いです。

好意のサインは一つではなく必ずいくつも現れるもの。

合わせて総合的に判断することで、より確実な気持ちを知ることができるでしょう。

食事や飲み会に誘われない

食事や飲み会に誘われることが全くなかったら…それは残念ながら「好き避け」であるとは言い切れません。

ただ、全く誘われないからと言って、嫌われているとも言い切れませんので、落ち込むのはまだ早いです。

前項でも述べましたが、何事も彼の態度をよく観察して、総合的に判断しましょう。

アナタが彼から食事や飲み会に誘われない理由は一つではありません。

「誘うのが恥ずかし」という場合もあれば「好きじゃない」という理由もあります。

つまりはこの事実だけでは、どちらか判断するのは難しいのです。

白黒はっきりさせたい場合には、勇気は必要ですがアナタの方から誘ってみると良いでしょう。

シンプルに、「誘うのが恥ずかしい」と思っている男性は、誘いに快く応じるでしょうし、「好きじゃない」と思っている男性は、なんらかの理由をつけて誘いを断ろうとしてくるはずです。

令和のこの時代、デートは全て男性が誘うものだという常識は無くなりました。

アナタの方から誘ってみれば、彼の気持ちを簡単に知ることができるでしょう。

同じ空間にいても話を振られない

残念ながら好かれていない場合のサインとして、「同じ空間にいても話を振られない」ことも挙げられるでしょう。

例えば、同じフロアで仕事をしている時、ランチミーティングをしている時、数人のグループで雑談をしている時…「〇〇さんはどう?」などとアナタに話を振ってくることがない場合には、好意を持たれているとは考え難いです。

男性は、女性に比べてとても単純な生き物です。

シャイでも控えめでも、奥手でも、「好き」と思ったら何かしらのサインが態度に滲み出てしまうものなのです。

全く話しかけられない、話を振られない、ということは、イコール「全く興味を持たれていない」と考えられるでしょう。

共感されることがない、もしくは否定される

「好き避け」ではなく、嫌われているサインとして「共感されることがない」「否定される」ことも挙げられます。

例えば仕事でも、アナタの言ったこと、やったことに対して肯定的な意見を言ってくれなかったり、否定してくる場合には、残念ながら嫌われている可能性が高いです。

「仕事」と言えども、人間同士の関わりとなると、やっぱり感情が意見を左右するのは確か。

誰だって好きな人の意見は無条件で「良い!」と思うし、嫌いな人の意見は「うーん、なんだかなぁ…」などと、ケチつけたくなってしまうものなのです。

時に意見が割れることがあったとしても、アナタのやることなすことに否定的な意見を言ってくる場合、「好き避け」とは言えません。

嫌がらせや陰口を言っている

嫌われているサインとして、「嫌がらせ」「陰口」があります。

よく、男の子は「好きな子をいじめてしまう」習性があるのは確かですが、それとは全く別物の、陰湿なことをされた場合には、残念ですが「好き避け」とは違います。

これは、アナタの感じ方・直感で判断するのが一番。

「悪意がある」と感じればきっと悪意があるのでしょうし、「私のことが好きなんだろうな」と感じればきっとそうなのでしょう。

それでも判断が難しい場合には「後のフォローがあるかどうか」に注目してみてください。

好きな人のことをついいじめちゃったのであれば、男性は後に「ちょっとやりすぎちゃったかな?」などと自分の行いを後悔し、「本当に嫌われたら困る」と、必ずフォローを入れるのです。

いじめたらいじめっぱなし、悪口を言ったら言いっぱなし、は心がない証拠。

好き避けとは言えないでしょう。

職場の男性が惚れてるサインって?会社での行動で分かる本気で好きな女性に男性がする本命の好意のサイン

好き避けは視線とメールのやり取りや困っている時の態度がポイントに!


シャイな男性の好意は、確かにわかりにくいかもしれません。

男性は不器用な生き物ですから、本当は好きだけど、恥ずかしくて話しかけられなかったり、目線を合わせたりすることができないのです。

しかし、「好き」の気持ちは、必ず何かしら、体から滲み出てしまうもの。

「もしかして?」とアナタが直感的に感じることがあったら、あながち間違いではないでしょう。

視線や、メールのやり取り、困っている時の態度は特に判断しやすいですから、よく観察して、彼の本当の気持ちを見極めてください。

【期間限定】不倫の事で悩んでいるアナタへ

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルの架け橋】の占いを初回無料でプレゼントします!

スピリチュアルの架け橋】とは、期間限定で、不倫の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルの架け橋】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪

※この記事は参考になりましたか?少しでも参考になったら下記のクリックを宜しくお願い致します。


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫アンケート

アンケートに答えるとみんなの投票結果がみれます。

不倫をしている期間はどのくらい?

View Results

Loading ... Loading ...

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

※20代未満はご利用不可。

 

友だち追加
 

-略奪愛・振り向かせたい

おすすめコンテンツ

1
不倫占い・W不倫占い(無料タロット占い)
この記事を読む前に必ずお読み下さい。 不倫は必ず誰かが不幸になります。 「あなた ...
2
2020年の運勢!生年月日で占う恋愛運や仕事運(当たる無料占い)
この記事を読む前に必ずお読み下さい。 不倫は必ず誰かが不幸になります。 「あなた ...
3
第1話 あるてぃめっと不倫愛
この記事を読む前に必ずお読み下さい。 不倫は必ず誰かが不幸になります。 「あなた ...
4
動物占い進化版!60種類の動物占いで性格や恋愛観、相性を無料で診断します!
この記事を読む前に必ずお読み下さい。 不倫は必ず誰かが不幸になります。 「あなた ...